安藤美姫「皆が輝けますように」 仲間にエール、ファンに感謝

[ 2013年12月24日 16:21 ]

全日本選手権で7位に終わった安藤美姫

 ソチ冬季五輪代表最終選考会を兼ねたフィギュアスケート全日本選手権で7位に終わり、五輪切符を逃した安藤美姫(26=新横浜プリンスク)が一夜明けた24日、自身のツイッターで、五輪代表に選出された仲間たちを祝福するとともに、応援してくれたファンへの感謝をつづった。

 安藤は前日23日の女子フリーでジャンプにミスが出るなど7位。3大会連続の五輪出場を逃し、「きょうが最後だと思う」と現役引退を表明し指導者の道に進むことを明かした。

 安藤はこの日、自身のツイッターに日本語と英語でメッセージを掲載。「日本オリンピックチームに選ばれた仲間におめでとう 皆が輝けますように!!!」とソチ五輪代表に決まった“戦友”の浅田真央(23=中京大)らを祝福し、エールを送った。

 そして「今まで長い間私のスケートを好きになって下さって、どんな時も信じて待っていてくれた。応援してくれた。泣いたり笑ったり、時には悔しかったり!!!いろんな想いを一緒に歩んで下さった皆さんに出会えた事、応援して下さった事に感謝しています」と激動のスケート人生を支えてくれたファンや支援してくれた人々に感謝。「昨日が今までの選手生活で一番幸せな時間でした」と、思いを込めて「火の鳥」を滑り切った現役最後の日を振り返った。

 「会場に来てくださった、テレビの前から応援して下さった、海外から声援を送って下さった、同じ空の下で皆さんとあの瞬間を一緒に過ごせた事とても嬉しかったです!!!本当にありがとうございました」とファンへの思いをつづった安藤。「またショーなどでお会い出来るのを楽しみに… 愛を込めて…夢の場所に行けなくてごめんなさい」と締めくくった。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年12月24日のニュース