高橋大輔 五輪へ誓い新た「思い受け止め最高の演技を」

[ 2013年12月24日 11:26 ]

記者会見で意気込みを語るフィギュアスケート日本代表の高橋大輔

 フィギュアスケートのソチ冬季五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権から一夜明けた24日、日本代表に選ばれた選手たちが記者会見し、男子5位ながら日本フィギュア初の3大会連続代表に選ばれた高橋大輔(関大大学院)は「五輪はこれが最後。今回は自分のためというよりいろんな人の思いを受け止めて最高の演技をすることが使命」と意気込んだ。

 2連覇の羽生結弦(ANA)は「ソチを見据えての全日本として臨み、理想の形になって良かった」と充実感を示した。初の五輪に向け「ありのままに自分ができることをやりたい」とリラックスした表情で話した。

 女子3位で2大会連続出場となる浅田真央(中京大)は銀メダルだった前回バンクーバー五輪を「喜びと悔しさが半分半分」と表現し「五輪はとても素晴らしく、いい舞台。わくわくした気持ち。楽しみたい」と待ち遠しそうに笑みを浮かべた。

続きを表示

この記事のフォト

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年12月24日のニュース