羽生 初五輪では「自分のできることを一生懸命やる」

[ 2013年12月24日 05:30 ]

五輪代表に選ばた(左から)羽生、町田、高橋

全日本フィギュア最終日

(12月24日 さいたまスーパーアリーナ)
 ハイレベルな男子の戦いを制した羽生は、初出場の五輪に向け「ここをスタートラインとして一歩一歩踏み出していきたい」と抱負を述べた。

 今大会ではチャンが持つ国際連盟主催大会の世界最高得点を上回る高得点で優勝。全日本選手権は国際連盟主催ではないため非公認扱いとはいえ、今後に大きな可能性を示した。しかし、19歳はあくまでも冷静に「具体的に何位とかでなく、自分のできることを一生懸命やることが五輪での目標」と気を引き締めていた。

続きを表示

この記事のフォト

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年12月24日のニュース