7人制女子タレント発掘で合格第1号 サッカー経験者の小笹

[ 2013年12月24日 19:12 ]

 日本スポーツ振興センター(JSC)は24日、2016年リオデジャネイロ五輪で採用されるラグビー7人制女子の新たな選手発掘を目的とした「ナショナルタレント発掘・育成プロジェクト」で、第1弾の合格者にサッカー経験者で身長171センチの小笹知美(22)を選んだと発表した。

 長身でスピードやパワーに自信があることを条件に公募し、体力テストを通過した3人の中から競技専門のトレーニングなどを経て絞り込んだ。小笹はサッカーから転向し、特別な育成プログラムに取り組む。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年12月24日のニュース