貴乃花の弟子が新入幕、部屋継承後初 貴ノ岩、夢は横綱戦

[ 2013年12月24日 17:16 ]

貴乃花部屋の看板前でガッツポーズする新入幕の貴ノ岩=24日、東京都中野区

 大相撲初場所の新番付で、貴乃花親方(元横綱)が先代師匠から2004年2月に部屋を継承後、初の新入幕となった貴ノ岩は24日、東京都中野区の貴乃花部屋で記者会見し「師匠の教えは絶対に間違いない。基本を積み重ねろと言われるので継続したい」と話した。

 故郷のモンゴルから鳥取城北高に相撲留学し、09年初場所で初土俵を踏んだ。181センチ、146キロの色黒の体で、しぶとい相撲が持ち味だ。「最後まで絶対に諦めないのが部屋の伝統だから。夢は横綱と対戦すること」と新たな目標を掲げる。

 新弟子勧誘で不在だった貴乃花親方は「幕内は甘くない。今まで以上に体も心も鍛える必要がある」とのコメントを出した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年12月24日のニュース