村上 我慢実った五輪出場「自信持って滑れた」

[ 2013年12月24日 19:28 ]

全日本フィギュア一夜明け

 初の五輪出場を決めた19歳の村上佳菜子(中京大)は「180を超えるメールが来て、まだ全部見ていない」と喜んだ。五輪シーズンの今季は山田満知子コーチの意気込みも強く、全日本選手権前は友達と遊ぶことを許されなかったという。

 我慢が実り、全日本では2位と結果を出し「苦しみを耐えたので自信を持って滑れた」と胸を張った。初舞台に向け「(日体大の)高木美帆ちゃんとは同い年で、五輪で会えたらいい」とスピードスケートで五輪を狙う友達の代表入りを願った。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年12月24日のニュース