明子 圧巻初女王で2度目五輪!長久保コーチ「初めて泣けた」

[ 2013年12月24日 05:30 ]

演技を終えた鈴木は会心の笑み

全日本フィギュア最終日・女子フリー

(12月24日 さいたまスーパーアリーナ)
 苦楽をともにした師匠が感涙にむせぶ、会心の演技だった。鈴木が逆転での初優勝で、2大会連続の五輪出場を決めた。演技を終えると両手で顔を覆い、右手を握りしめてガッツポーズ。出迎えた長久保裕コーチから「初めて泣けたよ」と最大級の賛辞をもらった。

 冒頭のコンビネーションは予定していた3―2回転に2回転ループを追加した。7つのジャンプ全てで加点を引き出し、スピンとステップは最高難度のレベル4。演技点もトップだった。フリーの144・99点はキム・ヨナ(韓国)がバンクーバー五輪でマークした150・06点に迫り、総合215・18点は浅田が11月のNHK杯で出した207・59点を大きく上回る。「苦手意識があった全日本で、ようやくこの演技ができた。達成感がある」と目を潤ませた。

 28歳。今季を20年以上の競技人生の集大成と位置づける。長久保コーチは「成績は真央ちゃんにお願いして五輪を楽しんでほしい」とエールを送るが、鈴木は「日本代表である限りメダルを目指したい」と言った。最後の晴れ舞台で、ベテランは虎視眈々(たんたん)と一発を狙っている。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年12月24日のニュース