松山が「レクサス」と契約、来年から3年間「名に恥じないように」

[ 2013年12月24日 17:13 ]

トヨタ自動車と契約を結び「レクサス」車の前でポーズをとる松山英樹

 男子ゴルフツアーで新人として史上初の賞金王に輝いた松山英樹とトヨタ自動車が24日、東京都内で記者会見を開いてスポンサー契約締結を発表した。期間は来年の1月1日から3年間。松山のウエアなどに高級車ブランド「レクサス」のロゴが入り、契約金のほか国内外で移動車両提供などの支援を受ける。

 来年は米ツアーが主戦場となる21歳の松山は「レクサスから話をもらい、自分もそういう位置に来られたのかなと思った。名に恥じないようにしたい」と笑顔で語った。この日の午前に松山を助手席に乗せて東京都内をドライブしたトヨタ自動車の豊田章男社長は「世界に向かって戦っていくという共通点がある。精いっぱいサポートしたい」と満足そうに話した。

 松山の来年の初戦は1月のソニー・オープンとなる見通しだが、けがをした左手はまだ万全ではない。「だいぶ良くはなっているが、練習はまだ時々だけ。順調かは分からない」と慎重だった。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年12月24日のニュース