横浜シュート数圧倒も無得点…2季連続無冠も社長、指揮官続投明言

[ 2015年11月23日 05:30 ]

J1第2ステージ最終節 横浜0―0松本

(11月22日 日産ス)
 横浜はシュート数16―5と圧倒しながらゴールを割れず、スコアレスドローに終わった。

 2季連続フルタイム出場を果たした37歳の中沢は「入りそうなシュートが入らなかったのは、サッカーの神様がまだまだと言っていたということ」と振り返った。チームは2季連続の無冠に終わったが、嘉悦社長は「来季につながる戦い方は見えてきた。監督はやはり続投」と、モンバエルツ監督が来季も指揮を執ると明言。また、ブラジルのサンパウロから期限付き移籍中のアデミウソンについては「来季もいてくれたらこんなにありがたいことはない」とし、残留へ力を尽くす構えだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年11月23日のニュース