大迫 献身的プレーで存在感もドローに終わり「もったいない試合」

[ 2015年11月23日 05:30 ]

マインツ戦の後半、競り合うケルンの大迫(右)

ブンデスリーガ第13節 ケルン0―0マインツ

(11月21日)
 ケルンの大迫は右MFで先発し、惜しいクロスを何本も上げるなど存在感を示した。それでも、ホームでスコアレスドローに終わり「もったいない試合だった」と悔しげな表情を見せた。

 後半途中からは中央、左へとポジションを移しながら献身的にプレー。「ゴールにつながるプレーの質を高めていかないといけない。しっかり勝ち点を重ねながら、個人としてもしっかり結果に関わるプレーをしていきたい」と話した。MF長沢はベンチ外だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年11月23日のニュース