武藤 中3日の強行先発も得点に絡めず…日本人対決痛み分け

[ 2015年11月23日 05:30 ]

ケルン戦の後半、競り合うマインツの武藤(左)

ブンデスリーガ第13節 マインツ0―0ケルン

(11月21日)
 マインツのFW武藤は1トップで先発も、得点に絡めず後半23分に交代。17日の日本代表のカンボジア戦から中3日での強行先発も実らず、ケルンの大迫との日本人対決は痛み分けに終わった。

 前半31分には左CKをニアで頭で合わせるも、シュートはクロスバーのわずか上に外れ「もう少し弱く当てればよかった」と反省した。 (ケルン・三村祐輔通信員)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年11月23日のニュース