G大阪新本拠・市立吹田S 来年2月に名古屋戦でこけら落とし

[ 2015年11月23日 10:55 ]

市立吹田サッカースタジアム

J1第2ステージ最終節 G大阪4―0山形

(11月22日 万博)
 G大阪が来季から本拠地として使用する新スタジアム「市立吹田サッカースタジアム」のこけら落としの対戦相手が、J1名古屋になることが分かった。来年2月13か14日に開催される予定で、来月の理事会の承認を経て正式決定する。

 J2C大阪との“大阪ダービー”を第1希望に挙げていたものの、両クラブのスケジュールの折り合いがつかず。海外クラブとの対戦の可能性もあったが、小倉隆史新監督を迎える新生・名古屋に白羽の矢が立った。

 「オリジナル10」と呼ばれるJリーグ開幕時からのライバルで、リーグ対戦での成績は17勝6分け15敗。G大阪関係者は「新しい門出を祝うのに申し分ない相手」と収容人数4万人を誇るスタジアムでのお披露目を心待ちにした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年11月23日のニュース