札幌・野々村社長 今年は“衝撃発表”なしも四方田監督の続投明言

[ 2015年11月23日 17:37 ]

続投が決まった札幌の四方田監督

J2最終節 札幌4―1栃木

(11月23日 札幌ド)
 J2札幌は今季最終戦となる栃木戦(札幌ドーム)に4―1で勝利。FW都倉の先制ゴールなど、前半だけで3得点を挙げて快勝した。昨年の最終戦終了後のセレモニーでは野々村芳和社長(43)が、元日本代表MF稲本潤一(36)にオファーを出していることを発表したが、今年は四方田修平監督(42)の続投を明言した。

 「去年、イナの話をしたので、何か言うんじゃないかと思ってる方も多いと思うんですけど…」と話した野々村社長。すると、2年連続の衝撃発表に期待するサポーターからは大きな拍手が起こった。

 野々村社長は「言いたいことは結構いっぱいあるんですけど、大人の事情で言えないので」と含みを持たせた後に、「一つだけ言います」と宣言。「来シーズンも引き続いて四方田監督でチャレンジしたいと思います」と、四方田監督の続投を明言した。

 温かい拍手がスタンドを包んだ後、「たぶん、四方田が一番びっくりしていると思いますけど」と語った野々村社長。四方田監督は初めて耳にしたという様子で、驚きの表情を浮かべていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年11月23日のニュース