本田 8試合連続先発落ちで見せ場作れず…伊紙、活躍は「奇跡」

[ 2015年11月23日 05:30 ]

ユベントス戦の後半、途中出場し攻め込むACミランの本田

セリエA第13節 ACミラン0―1ユベントス

(11月21日 トリノ)
 8試合連続で先発落ちしたACミランのMF本田は後半39分から左MFで途中出場したが、見せ場をつくれなかった。

 ロスタイムを含めて約9分の出場で、ボールに触る機会はほとんどなし。公式会見でミハイロビッチ監督が「ひどい試合だった」と吐き捨てた一戦でも、本田は終盤まで起用されなかった。一夜明けた22日付のガゼッタ・デロ・スポルト紙は本田を採点の対象外とした上で「すっかり萎縮した最近の本田が何か魔法を生み出すとしたら、それはもう奇跡でしかない」との厳しい短評を掲載した。 (トリノ・神尾光臣通信員)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年11月23日のニュース