フォルラン加入のC大阪、ホームで黒星発進 柿谷も不発

[ 2014年3月1日 16:05 ]

<C大阪・広島>前半、柿谷(手前)にパスを出すフォルラン

J1第1節 C大阪0―1広島

(3月1日 ヤンマー)
 ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン(34)をJ史上最高の年俸6億円(推定)で獲得して初優勝を狙うC大阪は、ホームで史上2チーム目の3連覇を目指す広島と激突したが、0―1で開幕戦を落とした。

 日本代表FW柿谷曜一朗(24)を1トップに、2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で得点王とMVPに輝いたフォルランをトップ下に置いた4―2―3―1システムでスタート。

 注目のフォルランは前半27分に右クロスをバックヘッドで柿谷に流し、柿谷から折り返しのパスを右足でJ初シュート。36分には日本代表MF山口蛍(23)が得た左FKを右足で狙ったが目の前の壁に阻まれ、43分には相手のクリアミスにダイレクトで右足を振り抜くもゴールを割ることはできなかった。前半にはプレーに熱くなったフォルランが広島の元日本代表FW佐藤寿人(31)になだめられるシーンもあった。

 フォルランは後半17分にも柿谷が得たゴール正面のFKを右足で狙ったが、7枚並んだ壁を直撃。26分には、広島FW石原直樹(29)のキープからDF塩谷司(25)に左足で決められ、フォルランは36分に12年ロンドン五輪代表FW杉本健勇(21)と交代でベンチに下がった。3月5日にニュージーランド戦と対戦する日本代表に招集されている柿谷も見せ場なく終わり、苦しいスタートとなった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年3月1日のニュース