鳥栖 3年目J1で最高の開幕「ケガ人なし今までなかった」

[ 2014年3月1日 05:30 ]

J1第1節 鳥栖―徳島

(3月1日 ベアスタ)
 ホームで徳島を迎え撃つ鳥栖は、3年目となるJ1に過去最高の状態で臨む。「ケガ人なしで開幕を迎えられるのは今までになかった」と藤田主将は開幕前日の手応えを語った。

 J1屈指の厳しいオフのトレーニングで知られる鳥栖。一方で故障のリスクが伴うが、今年の調整は順調だった。「軍隊みたいな練習だと言ったら(尹晶煥)監督に“軍隊はもっとやる!”と言われた」と苦笑いしながら振り返ったのは新加入のDF安田。28日に鳥栖市内のグラウンドで行われた調整は和やかなムードに包まれていた。

 FW豊田には開幕戦ゴールの期待がかかる。W杯開催年の開幕を前にして「特別な年だから、特別な感情を抱くと思ったけど、例年通り。わくわく半分、ドキドキが半分」と思いを語った。相手ベンチにはゴールを見せたい人物がいる。対する徳島の小林伸二監督は08年に山形でプレーした時の監督。「自分の中で思い入れのある指導者。センターFWとしてやるべきことを教わった」。かつての恩師の前で2年連続の開幕戦ゴールを狙う。

 豊田、藤田ら主力に安田ら新戦力が加わり、チーム力は確実に底上げされた。「とにかく鳥栖のサッカーを見せたい」と尹監督。開幕ダッシュを決める態勢は整った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年3月1日のニュース