浦和GK西川 ガンバ完封へ“15度目の正直”

[ 2014年3月1日 05:30 ]

GK練習でジャンプしてキャッチする西川

J1第1節 浦和―G大阪

(3月1日 万博)
 浦和の日本代表GK西川が、デビュー戦でいきなり“苦手克服”を目指す。昨季リーグ最少失点の広島から移籍。今季守備立て直しのキーマンとなるが、開幕戦で対戦するG大阪には自身14試合の対戦全てで失点を許し、完封勝利は一度もない。「まずはチームで結果を残して代表に合流したい」と話す西川は「G大阪はJ2から1年で上がってきてモチベーションが高い。完封したい」と力を込めた。

 開幕戦に懸ける思いは強い。昨季はホームで浦和と対戦したが、痛恨のファンブルで決勝点を許し、相手に6年ぶりの開幕戦白星をあげてしまった。正確無比なフィードも持ち味だが、今回は「攻撃よりも守備の方を意識していきたい」と強調した。W杯イヤー初戦で苦い思いを払拭(ふっしょく)し、代表での定位置奪取へ加速する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年3月1日のニュース