×

サブちゃん サブスク 元日解禁747曲 海外評価高くバズるかも?

[ 2021年12月27日 05:00 ]

来年元日のサブスク解禁で配信される北島三郎の名曲のジャケット
Photo By 提供写真

 演歌の大御所・北島三郎(85)の持ち歌が、芸道60周年を迎える来年元日に、サブスクリプション(定額聴き放題)で一斉解禁される。配信されるのは747曲。代名詞といえる「まつり」「与作」「風雪ながれ旅」はもちろん、ミリオンに達したとされる「函館の女」「帰ろかな」「兄弟仁義」の3曲をはじめ、これまで発表したほぼ全てのシングル表題曲262曲も含まれる。

 所属レコード会社関係者は「若者向けのサブスクに、これほど高齢の歌手の歌が提供された例は聞いたことがない」とした。

 サブちゃんはサブスクについてよく知らなかったが、周囲から「スマホで簡単に聴けるんですよ」と説明を受け「そっかぁ」と喜んでいたという。「新しい形で皆さまに楽曲をお届けできることを、うれしく思うとともに、これからも日本の心を大切に、魂のある歌を歌ってまいります」とコメントを発表した。

 期待されるのが、世界での“バズり”だ。海外ではこれまで、北島のレコードやCDを入手することが難しかった。しかし、元日から配信を始める11の定額配信ストアには、Apple MusicやSpotifyなど海外にも展開する4ストアが含まれる。

 レコード会社関係者によると「かつてエチオピアで『与作』が流行するなど、北島さんの歌は、外国人の琴線に触れる側面がある」という。1985年に参加したシリアの「ボスラ国際音楽祭」では「現地民が盛り上がり、アンコールが起こった」とされ、90年に旧ソ連で歌唱した際には「政府高官らがスタンディングオベーションし、当時の文化大臣と音楽の話で盛り上がった」という逸話も残る。

 関係者は「時代がデビュー当時のレコードから進化しても、北島さんが聴いてもらいたい曲の魂は変わらない。世界に魅力が届いたらとても素敵なこと」と話している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年12月27日のニュース