鈴木保奈美 クリスマスは「感謝を返していく1年の締めくくり」 離婚公表後初の公の場もコメントせず

[ 2021年11月23日 17:37 ]

カルティエのクリスマスツリー点灯式に肩が露出したワンショルダードレスで出席した鈴木保奈美(撮影:田中 景子)
Photo By スポニチ

 女優の鈴木保奈美(55)が23日、都内の六本木ヒルズで行われた高級ブランド「カルティエ」のクリスマスツリー点灯式に登場した。

 寒空の下のイベントとなったが、肩が露出したワンショルダードレスで登場。合図にあわせて点灯ボタンを押すと、高さ約10メートルのツリーが“カルティエレッド”に点灯し、「心がホッと温かくなりますね」とほほ笑んだ。

 クリスマスは「12月25日だけじゃない」とし、「ハロウィンが終わった頃から飾り付けをしたりクリスマスカードを探したり、少しずつ準備して1年お世話になった方に感謝を返していく1年の締めくくり。1カ月半くらい楽しめます」と語った。

 今年のカルティエは「LOVE IS ALL」をテーマに期間限定のポップアップストアなどを展開。鈴木にとって「LOVE」とは「表現すること」で、「お芝居や文を書く場所をいただいている。少しでも自分の好きなことを表現して、見ていただく方の役に立てたらいい」と話した。

 鈴木は今年7月にお笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明(60)と離婚したことを発表。この日が離婚公表後初めての公の場となったが、離婚についてのコメントはなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月23日のニュース