明石家さんまが企画・プロデュース アニメ映画「漁港の肉子ちゃん」来春に米国で劇場公開決定!

[ 2021年11月24日 00:00 ]

明石家さんま
Photo By スポニチ

 明石家さんまが企画・プロデュースしたアニメ映画「漁港の肉子ちゃん」が、来春に米国で劇場公開されることが決まった。吉本興業が発表した。大人向け・ファミリー向けのアニメーション作品を制作・配給する米国のGKIDS社が北米での配給権を獲得。「FORTUNE FAVORS LADY NIKUKO」のタイトルで、来年春頃に米国の劇場公開される。

 GKIDS社のデビッド・ジェステッド社長は「彼らの特異な芸術性と才能がふんだんに表現された本作で、明石家さんまクリエイティブ・プロデューサーと渡辺歩監督とご一緒できることに大変興奮しております。『漁港の肉子ちゃん』は、忘れがたいキャラクターと、コメディーとドラマの痛快なミックスで構成された、心の広い青春物語であり、来年ここで観客にインパクトを与えることは間違いありません」とコメントした。

 渡辺歩監督もコメントを寄せ「素晴らしいニュース!本作が米国の皆さんにご覧いただけることにとても興奮しています。渡辺は折に触れ、芸術まで高まった米国のエンターテインメントに刺激されていると感じています。今回初めて明かす秘密として、肉子の劇伴も主題歌も何もない頃、この映画の設計図を引く時に必ず聴いた歌があるのです。その昔、米国の皆さんはこの歌を口ずさんで苦境を乗り越えたそうです。エンターテインメントの力を感じる素晴らしいエピソードです。本作の精神に少なからず影響を与えています。皆さんにそれが伝わるとうれしいです!アメリカが生んだ名曲『On The Sunny Side Of The Street』に感謝を込めて…」と喜んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月23日のニュース