「麒麟」川島 新たなTBS“朝の顔”抜てき!3月終了「グッとラック!」後番組MC決定

[ 2021年1月7日 05:32 ]

お笑いコンビ「麒麟」の川島明
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「麒麟」の川島明(41)が、TBSの新たな“朝の顔”に抜てきされた。19年から放送中の情報番組「グッとラック!」(月~金曜前8・00)が3月で終了し、新たにスタートする帯番組のMCを務めることが決定。低音の“ええ声”で平日の朝を明るくする。

 新番組のタイトルは「SUNNY(仮)」で、共演者についても調整中だ。ニュース中心の情報番組ではなく、グルメやエンタメ、ファッションなど生活情報を届ける番組となる。関係者は「衣食住に役立つ最新情報を紹介し、若い女性の視聴者を取り込みたい」と話している。

 川島は競馬番組やバラエティーでMCを務めているが、帯番組の司会は初挑戦。同局関係者は「2人の子供を育てる父親でもあり、主婦層と目線を合わせて語ってもらえる」と期待を寄せた。

 起用の決め手は、生放送に欠かせない頭の回転の速さと好感度の高さ。テレビ関係者は「MCでもひな壇でもトークを上手に回せる人。性格も柔和でスタッフにも優しい。誰にも嫌われないタイプで、穏やかな朝の番組に向いてる」と太鼓判を押す。19年のNHK連続テレビ小説「なつぞら」に出演するなど活躍のフィールドも広い。私生活もクリーンで、博多大吉(49)とともに「上品芸人」と呼ばれている。

 ただ、ワイドショー激戦区の午前8時台はTBSにとって“鬼門”だ。生活情報番組「はなまるマーケット」が終了した14年から情報番組にシフトしたが、「いっぷく!」「ビビット」と苦戦続き。「グッと…」も視聴率が2~3%台と低迷。再び「はなまる」路線に戻し、川島の起用がどのような結果をもたらすのか注目だ。

 巻き返しを期して、制作陣も一新する。情報番組を担当する情報制作局ではなく、コンテンツ制作局のバラエティー班が担当する。人気番組「ジョブチューン」のチーフプロデューサーら、土日のゴールデン帯の番組で結果を残している制作陣を起用。視聴率戦争に乗り込んでいく。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月7日のニュース