渡辺直美「いいじゃんと思って見たら」 ケタ違いのNY不動産事情に度肝抜かれる

[ 2020年9月2日 14:04 ]

渡辺直美
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの渡辺直美(32)が1日深夜放送のテレビ東京「あちこちオードリー」(火曜深夜1・30)に出演。米ニューヨークのスケールの大きさに度肝を抜かれたエピソードを披露した。

 昨年から海外での芸能活動を本格化させ、ニューヨークにも拠点を置いている渡辺は「ニューヨークに家を買いました」と告白。

 当初は、部屋が広く、都心の真ん中で買い物ができるところがいいと希望していたそうだが、条件がそろった物件を確認すると「いいじゃんと思って見てみたら、70億円だった」と、想像を絶する値段だった。日本とはケタ違いの不動産事情。ニューヨークは「金持ちだらけ。稼がないと生きていけない街」と話した。

 結局、中心街から離れたファミリー層が住んでいる地域の物件を購入。「マンハッタンが東京だとしたら横浜みたいなところ。車で20~30分かかるけど治安も良いし穏やかなとこ」と説明していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月2日のニュース