「Number」史上初の将棋特集 編集長「スポーツ誌としてまったく違和感のない仕上がり」と自信

[ 2020年9月2日 22:20 ]

スポーツ総合誌「Number」史上初の将棋特集号は藤井聡太2冠が表紙を飾る
Photo By 提供写真

 文藝春秋発行のビジュアル・スポーツ総合誌「Sports Graphic Number」は2日、3日発売の1010号で、創刊40年で初の将棋特集号を発売することを発表した。

 巻頭では18歳1カ月の最年少で王位・棋聖のダブルタイトルを獲得した藤井聡太2冠を特集する。渡辺明王将(名人・棋王との3冠)による「新名人の決意/敗北の夜を超えて」や、佐藤天彦九段と中村太地七段によるスぺシャル対談「藤井はピカソか、モーツァルトか」、先崎学九段の特別エッセイ「22時の少年~羽生と藤井が交錯した夜」などが70ページ以上にわたって掲載される。

 スポーツ誌にして初の将棋特集を組んだ宇賀康之編集長は、「知力はもちろん、心技体すべてを懸けて真剣勝負を繰り広げ、観る者の心を躍らせる棋士は、紛れもなくアスリート。藤井聡太二冠という若き最強アスリートの活躍を機に、棋士たちの天才性や人間力、盤上盤外のドラマなどを描くことで、将棋という競技の魅力に、徹底的に迫りました。初の将棋特集ですが、記事も写真も、スポーツ誌としてまったく違和感のない仕上がりになったと思います」と自信のコメントを寄せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月2日のニュース