藤井2冠、銀河戦2期連続の決勝トーナメント進出 ブロック最終戦は羽生九段と

[ 2020年9月2日 05:30 ]

藤井聡太2冠
Photo By スポニチ

 7月4日に収録された将棋の銀河戦本戦トーナメントCブロック10回戦が1日、囲碁・将棋チャンネルで放映され、現在2冠の藤井聡太七段が稲葉陽八段(31)=年齢、段位はいずれも対局当時=を134手で下した。

 銀河戦は今年で28期目を迎えた早指し棋戦。藤井は第26期から参戦したが本戦トーナメントHブロック2回戦で敗退。第27期は本戦トーナメントEブロック最多連勝者(6連勝)として決勝トーナメントに初進出を果たしたものの1回戦で敗退している。今期はCブロック6回戦から登場しこの日で5連勝。次戦(最終戦)の結果にかかわらず2期連続の決勝トーナメント進出を決めた。次戦の相手は羽生善治九段(49)で、放映は29日の予定。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月2日のニュース