岸田氏の食事写真が話題 “時代錯誤”の声も、乙武氏は「他人の家庭に…違和感に強烈な違和感」

[ 2020年9月2日 18:30 ]

岸田文雄政調会長
Photo By スポニチ

 安倍晋三首相(65)の後継者を決める自民党総裁選に出馬表明した岸田文雄政調会長(63)のツイッター内容が注目を集めている。

 岸田氏は2日午前0時35分に「夜のテレビ出演の合間に、地元から上京してきてくれた妻が食事を作ってくれました。ありがたいです。#岸田文雄 #自民党総裁選 #束の間のひととき #妻の手料理」と、夫人と写った写真を添えて投稿。写真は、食卓に岸田氏だけの食事が用意されており、スーツを着たまま椅子に座るマスク姿の岸田氏と、食卓横に立ちながらマスク姿で微笑む夫人の姿が写っている。

 この投稿にネットでは賛否の声が。「奥さんと対等でないことが分かりました」「夫婦に見えない。立ちっぱなしで…」「家庭円満アピールなら、今の時代に奥さんを立たせている写真は…」という声や、「素敵な奥様ですね」「いい奥様に支えられていますね」「ひとの家のプライベートに文句つけなくてもいいのでは」「奥様に失礼なリプがありますね」「いちいちケチつけなくていいじゃん」などの声もあった。

 一部ネットメディアが報道するなど、投稿写真が話題となっているが、作家で元小学校教員でもある乙武洋匡氏(44)は「ハフポスト」日本版の「『すごく昭和感』 岸田文雄氏が投稿した夫婦写真への強烈な違和感、理由を考えてみた」と題した記事を受けて、自身のツイッターで「他人の家庭のあり方に対してここまで恥ずかしげもなく違和感を表明できてしまう感性に、むしろ“強烈な違和感”を覚えました。岸田夫人の意思に思いを馳せていないのは意図的なのかな」と持論を投稿した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月2日のニュース