中島美嘉“新章”幕開け 11月歌手デビュー20周年 約3年半ぶり新アルバム「JOKER」10・7発売

[ 2020年8月13日 04:00 ]

新アルバム「JOKER」を10月に発売する中島美嘉
Photo By 提供写真

 今年11月に歌手デビュー20周年を迎える歌手の中島美嘉(37)が、10月7日に約3年半ぶりとなる新アルバム「JOKER」を発売する。「声質や曲調の変化がこの1枚に表れています。今の私というよりも、これまでの私の全部が詰まっています」と作品に込めた思いを明かした。

 リード曲「ノクターン」など全14曲を収録。新型コロナウイルス感染拡大の中、通常とは異なる環境での制作となったが「発売も数カ月延びてしまいましたが、それでも時間をかけて作ることができました」と手応えをのぞかせる。

 本来ならデビュー20周年の節目にツアーなども期待されるが、コロナ禍で現状見通しは立っていない。だが「やはりライブはやりたいです。周年ということで、思い切って今までのシングル曲をざっと歌ってみたいですね」と思い描くものはある。

 20年はあっという間だったというが、時間の流れをかみしめることも。「オーディション番組などで自分の娘くらいの年齢の子が『雪の華』を歌っているのを見ると、考えるものはありますよね」としみじみ語った。

 アルバム名「JOKER」には「復活」という意味も込められている。昨年、デビューから二人三脚で歩んできた個人事務所の社長が死去。それを機に今年4月1日から大手芸能事務所ケイダッシュ系列のアワーソングスに事務所を移籍した。「気持ちを整理していく中、新たに心機一転、頑張っていきたい」。新しい環境で迎えるリスタート。これからも第一線でキャリアを駆け抜けていく。

 【主なヒット曲】
 ▼STARS(01年11月)デビューシングル。フジテレビ系ドラマ「傷だらけのラブソング」の主題歌となり、中島自身も同作に出演し芸能界デビューとなった。
 ▼雪の華(03年10月)10枚目のシングル。第45回日本レコード大賞で金賞を受賞。昨年2月には同曲をモチーフとする実写映画が公開された。
 ▼GLAMOROUS SKY(05年8月)自身が主演した映画「NANA」の主題歌として大ヒット。シングルでは自身初のオリコン1位を獲得。
 ▼ORION(08年11月)TBSドラマ「流星の絆」の挿入歌に起用。自身も同ドラマにレギュラー出演。
 ▼Fighter(14年6月)加藤ミリヤとのコラボシングル。映画「アメイジング・スパイダーマン2」の日本語吹き替え版テーマソングに起用。

 ◆中島 美嘉(なかしま・みか)1983年(昭58)2月19日生まれ、鹿児島県出身の37歳。01年に女優&歌手デビュー。02年に初となるアルバム「TRUE」でオリコン初登場1位を記録。ミリオンセラーのヒットとなった。その年の日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞し、NHK紅白歌合戦にも初出場。14年にバレーボール男子日本代表の清水邦広と結婚。18年に離婚した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月13日のニュース