極楽とんぼ・山本圭壱が新型コロナ感染 11日に体調不良訴え 自宅待機中 吉本「接触者はおりません」

[ 2020年8月13日 21:31 ]

お笑いコンビ「極楽とんぼ」の山本圭壱
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の山本圭壱(52)が新型コロナウイルスに感染したことが13日夜、所属する吉本興業の公式サイトで発表された。同日夜、自宅待機中のためコンビでレギュラーを務める大阪・MBSラジオ「アッパレやってまーす!木曜日」(木曜後10・00)の生放送を欠席。相方の加藤浩次(51)は「ちょっと微熱が出ているぐらいで、体調そこまで悪くないと本人は言っている」と近況を伝えた。

 山本は11日夜に体調不良を訴え、12日にPCR検査を受検した結果、13日に陽性と診断された。現在は自宅待機中。保健所の指示を待っている。9日以降は自宅で過ごしており、吉本は「接触者はおりません」とした。

 吉本は「当社としましては、発症日、濃厚接触者確定等、保健所の判断が示され次第、指導に従って適切に対処してまいります。当社グループは引き続き、お客様、所属タレント、お取引先の皆様、社員の安全確保を最優先に、保健所をはじめとする行政機関、医療専門家の指導のもと、新型コロナウイルスの感染予防、拡大防止に努めていきます」としている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年8月13日のニュース