「半沢直樹」第3話 総合視聴率は34・4% 番組最高で「逃げ恥」最終回超え“新指標”も高視聴率連発

[ 2020年8月13日 17:30 ]

主演を務める日曜劇場「半沢直樹」の製作発表に出席した堺雅人(C)TBS
Photo By 提供写真

 俳優の堺雅人(46)が主演を務めるTBS日曜劇場「半沢直樹」(日曜後9・00)の7年ぶり続編・第3話(8月2日)の総合視聴率が34・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、世帯)だったことが13日、分かった。総合視聴率はリアルタイム視聴率と「録画再生率」「録画視聴率」とも呼ばれるタイムシフト視聴率の合計(重複は差し引く)で、リアルタイム視聴率23・2%、タイムシフト視聴率14・3%。第3話はリアルタイム視聴率、タイムシフト視聴率、総合視聴率いずれも番組最高をマークした。

 リアルタイム視聴率は初回22・0%、第2話22・1%、第3話23・2%。タイムシフト視聴率は初回13・9%、第2話13・3%、第3話14・3%。総合視聴率は初回33・0%、第2話32・9%、第3話34・4%と推移。個人視聴率も第1話13・4%、第2話13・6%、第3話14・1%、第4話14・8%と右肩上がりに推移し、今年の全ドラマ1位。リアルタイムの世帯視聴率のみならず、「総合視聴率」や「個人視聴率」など、ビデオリサーチが公表を始めた“新指標”においても高視聴率を連発している。

 総合視聴率とは、リアルタイム視聴率とタイムシフト視聴率(録画機器などで放送後7日以内、168時間以内に視聴)の合計(重複は差し引く)。ビデオリサーチが2016年10月3日から調査を開始。録画機器の性能向上、スマートフォンなどを使用したスマートデバイスによるテレビ視聴など、多様化した視聴形態に即した視聴率算出が近年の課題だったが、検討を重ね「総合視聴率」「タイムシフト視聴率」を新しい指標として採り入れた。

 ビデオリサーチが1クール毎に発表している「総合視聴率上位30番組」を見ると、総合視聴率30%超えのドラマ(同一番組は高位のみ)は多くなく、16年10月期「逃げるは恥だが役に立つ・最終回」の33・1%、「ドクターX~外科医・大門未知子~・最終回」の32・0%、17年10月期「ドクターX~外科医・大門未知子~・最終回」の35・2%、「陸王・最終回」の30・3%、18年1月期「99・99―刑事専門弁護士―・最終回」の31・0%、18年7月期「義母と娘のブルース・最終回」の30・2%、「半分、青い。・最終回」の30・5%、19年10月期「ドクターX~外科医・大門未知子~・最終回」の31・0%などしかない。

 今回の34・4%は「逃げ恥」最終回を上回り、17年「ドクターX」最終回に迫る高水準。今後の推移がさらに注目される。

 【個人視聴率】テレビメディアの価値をより正しく示すべく、ビデオリサーチが3月30日から公表。世帯視聴率はテレビ所有世帯のうち、何世帯がテレビをつけていたかを示す割合(例=5世帯のうち2世帯がテレビをつけていれば世帯視聴率は40%)。個人視聴率はテレビ所有世帯内の人数のうち、何人がテレビをつけていたかを示す割合(例=5世帯にいる12人のうち3人がテレビをつけていれば個人視聴率は25%)。個人視聴率は世帯視聴率より数字そのものは目減りするが、視聴人数の換算が可能になる。関東地区は調査世帯数を900世帯→2700世帯と拡大した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月13日のニュース