坂上忍 都の感染防止対策ステッカー取得方法にあきれ顔「これじゃ意味ない」

[ 2020年8月13日 13:37 ]

俳優の坂上忍
Photo By スポニチ

 俳優の坂上忍(53)が13日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)に出演。感染防止対策を取っていることを示す東京都のステッカーを掲示していた、江戸川区のフィリピンパブでクラスターが発生したことについて言及した。

 都のステッカーについて、坂上は「このステッカーが安全の目安なんでしょ?」としつつ、「ちょっと驚いたのが、このステッカーの取得方法」と指摘。ステッカーがホームページから自己申告で取得できるという方法に「これじゃ、意味ないじゃん」とあきれ顔を見せた。

 さらに「チェックをしていって、正直に申告してもらえてないところもあると思う。逆に言ったら、ウソも通用する」とも。「このステッカーって、結構大きな判断材料としていた方が多いと思う。店側からしてもこのステッカーはほしい」と続けた。

 タレントの薬丸裕英(54)も「これでこのステッカーの信頼性も揺らいだと思う。加藤厚労大臣が違うステッカーを見せたりしている。本当に国と都の足並みが全然そろってない。何を我々は信じていいんだろうって、本当に思ってしまう」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年8月13日のニュース