ヒロミ コロナとの長期戦「9回まで行っても延長戦の可能性ある」 クラスター対策班の「まだ2回表」に

[ 2020年7月14日 13:20 ]

タレントのヒロミ
Photo By スポニチ

 タレントのヒロミ(55)が14日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)で、厚労省クラスター対策班で北大の西浦博教授の「まだ2回表」発言に対して複雑な思いを語った。

 西浦教授は、京大iPS細胞研究所長の山中伸弥教授との対談で、「野球でいうとまだ2回表の新型コロナウイルス側が攻撃しているような段階」と述べた。

 司会の坂上忍(53)は「2回の表と言われたときに、あぁ、そうなんだと思ったのと、長い戦いというのはこういうことなのかなという気がしたんですけど」と本音をポロリ。

 「最悪のケース」も想定する有識者の意見を聞きながら、「“5回コールド”の可能性もあるみたいですけど…」とヒロミにコメントを求めた。
 
 ヒロミも「分かんないもんね。9回まで行っても延長戦あるから15回くらいまで行く可能性もあるしさ」と苦笑い。「本当になんか分からないよ。すごい特効薬、ワクチンが出てきてくれたらいいんだけど」と語った。

 坂上も「こうやって僕らも鍛え上げられて行かなきゃいけないのかね…」とため息をついた。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月14日のニュース