松本明子 義兄・原田龍二の「4WD不倫」会見裏話 当日まで自宅かくまい、義母は涙で火打ち石

[ 2020年7月14日 14:10 ]

松本明子
Photo By スポニチ

 タレント松本明子(54)が14日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜後1・00)に出演し、義兄で俳優の原田龍二(49)に昨年、発覚した「マイカー不倫」問題の裏話を明かした。

 松本にとって原田は夫の俳優・本宮泰風(48)の兄で、家族ぐるみの仲良しという。18年11月には原田と2人で同番組に出演したが、その半年後に原田の女性スキャンダルが発覚した。直撃取材を受けた原田から、松本に「週刊誌が自宅に来ちゃった。どうしよう」と連絡があったという。

 食事ものどを通らないほど憔悴した原田の姿を見かねた松本は、夫と相談し、自分たちの家でかくまうことを決断したという。「『うちに呼ぼうか』ということを主人と話して、記者会見を開く直前に2泊くらいですかね。我が家に呼んで、食事をさせてあげて、気楽にしてもらって。実はうちに居候してました」。会見当日の朝も「誠心誠意、謝罪して、本当のこと言っちゃった方がいいよ。お兄ちゃん、頑張って来てね」と送り出したという。「母(義母)も玄関のところで、火打ち石を打って『カン、カン』って火花を飛ばして、『頑張って来なさいよ』と涙ながらに送り出して」と振り返った。

 原田はNGなし、時間制限なしで会見に臨んだ。原田の妻に松本は「正直に会見もできたので、温かく迎えてあげてね」とお願いしたという。一方で、原田は不倫の舞台となった4WD車をすぐ売却。松本は「小型の車にしました。『大きいからダメなのよ』と奥さんに言われたみたいで」と騒動の結末を明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月14日のニュース