民放連会長 東京五輪中継は「さまざまな事態を想定しつつ準備」

[ 2020年3月19日 15:49 ]

 日本民間放送連盟(民放連)の大久保好男会長(日本テレビ会長=69)が19日に都内で記者会見を行い、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、予定通りの開催が危ぶまれている東京五輪・パラリンピックについて言及した。

 大久保会長は「東京五輪・パラリンピックについては、民放各社とも内心不安を抱えながらも、さまざまな事態を想定しつつ、開催に向けてしっかりと準備を進めていると思います」と現状を報告しつつ、「私たちとしてはIOCが17日に東京五輪について予定どおり開催するという声明を発表しているので、それに基づいて必要な作業を行っているところ。IOCの声明に応じて対応するということ」とした。

 「それぞれ準備状況にコロナ問題が影響しているところもあるかと思うが、現時点では開催に向けて準備を進めているところであります」と続けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月19日のニュース