人気モデルが都内でマスク配布「ファッションから世の中を明るくしたい」

[ 2020年3月19日 18:03 ]

青山で通行人にマスクを配る箭内夢菜(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 雑誌「セブンティーン」専属のモデル・箭内夢菜が、同じく人気モデルの葵揚(あおい・よう)、月山京香、三根有葵らと東京・青山でフリー・マスクの配布イベントを行った。

 箭内らは「2020A/Wシーズン 東京コレクション」に参加予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止となった。

 イベントの中止、延期が相次ぎ、マスク不足も社会問題となっている中で、「今できることをファッションから少しでも世の中を明るくしたい」という思いから今回のイベントをスタートした。

 配布を行ったワールド北青山ビルの前では、多くの人が足を止め、笑顔でマスクを受け取る姿が見られた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月19日のニュース