IMALU “さんまの娘”としての苦労「ついていけないんですよね」

[ 2020年3月19日 09:36 ]

タレントのIMALU
Photo By スポニチ

 タレントのIMALU(30)が18日放送の日本テレビ系「衝撃のアノ人に会ってみた!」(水曜後7・00)に出演。お笑いタレントの明石家さんま(64)を父に持つ2世タレントとしてエピソードを語った。

 この日、番組では「2世のプレッシャー」についてトーク。IMALUは「親のおかげでいきなり大きな番組に出させてもらったりっていうのが最初にあった」と話し、「ついていけないんですよね」と苦労したことを振り返った。「ギャップがあるっていうか、自分と周りのレベルが全然違う。どうしていいか分からない」と2世ならではの苦労を明かした。

 一方、タレントの関根麻里(35)の父である関根勤(66)は、2世の親として「僕は厳しくできなかった」とコメント。「『麻里、お前のために俺は死ねる』って言ってました」と溺愛していたことを話して、共演者たちを笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月19日のニュース