舞台公演再開続々 劇団☆新感線の生田斗真主演舞台はきょうから 渡辺謙主演「ピサロ」も20日から

[ 2020年3月19日 11:08 ]

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、2月28日から公演を中止していた、俳優の生田斗真(35)が主演する、劇団☆新感線の舞台「偽義経冥界歌」(東京・赤坂ACTシアター)が19日から公演を再開する。18日に公式サイトで発表された。国内の大型舞台公演では、初めての再開となる。

 公式サイトでは「感染拡大の防止に向けての対策を実施したうえで、開催させて頂くことといたしました」と独自の感染拡大防止策を講じたうえで公演を再開することを報告。「安全な開催・運営に努めてまいりますので、ご来場頂く皆様にも、感染予防対策にご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます」と呼びかけた。

 公演再開後の19日から24日に関してもキャンセルの受付を実施する。

 感染拡大防止策としては、(1)劇場入口にて消毒の実施(2)劇場入口に赤外線サーモグラフィーカメラを設置(3)入場時のチケットもぎり簡略化の実施(4)劇場内の消毒(5)スタッフのマスク着用と手指の消毒(6)公演グッズ販売の中止(7)公演期間中のACTカフェの休業及びオペラグラスの販売休止(8)チラシ束(配役表・アンケート用紙など含む)の手配りを休止(9)劇場内の換気(10)ブランケット貸出しの休止(11)看護師の常駐と記した。

 来場者にも、感染防止策への協力を訴えたうえで、体調がすぐれない人などに観劇を控えるよう呼び掛けている。

 舞台公演では、東宝が製作する「KinKi Kids」堂本光一(41)の主演ミュージカル「Endless SHOCK」(東京・帝国劇場)、PARCO劇場オープニング・シリーズ第一弾となる、俳優の渡辺謙(60)主演の舞台「ピサロ」も20日から公演再開を発表している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月19日のニュース