SKE48須田亜香里「ファンの健康が第一」「悪循環だなって…」イベント中止相次ぐ現状に胸中を吐露

[ 2020年2月25日 21:58 ]

SKE48の須田亜香里
Photo By スポニチ

 SKE48の須田亜香里(28)が25日、TOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・00)にゲスト出演し、新型コロナウイルスの感染拡大で相次ぐイベントの中止・延期についてコメントした。

 所属するSKEは23日の握手会を延期するなど、芸能界にも影響が広がっている。意見を求められた須田は、「ファンの方の健康が第一だと思うので、ファンの方の中でまん延したら大変だっていうのがあるので、仕方ない」。延期はやむなしとの見解を示した上で、「夜行バスを取っていたのにキャンセル代が出ちゃったとかいう話を聞くと、さらに、お金がかかって、さらに会えないって。悲しいことしかないなって」と苦しい胸中を吐露した。

 乃木坂46が、感染予防を呼びかけながらもライブを実施したことには、「これも賛否両論出ちゃうのが…。運営側とかメンバーも気持ちのやりどころが難しいかな」とアイドル目線で言及した。

 この日、政府は「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」を発表し、イベント自粛は求めないが、主催者に改めて必要性の検討を要請するとした。須田は、「国で取り締まって、やめましょうと、人が集まるとこはやめてくださいって言ってくれたら、運営が叩かれることもないし。メンバーも一生懸命練習しているのにかわいそうだし、悪循環だなって思う」と語った。

 一方、4人組アイドルグループ「2o Love to Sweet Bullet(通称トゥラブ)」が24日、公式Twitterでマスク非着用ファンへの物販の販売価格を1000円プラスすることを発表したことには、バッサリだ。「これはダメだと思います。マスクを高値で売って転売している人とやっていることは、重みとしてはそう変わらないなって、正直思っちゃいますね」と持論を展開していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年2月25日のニュース