戸田恵梨香主演「スカーレット」第20週平均視聴率19・5%

[ 2020年2月25日 10:43 ]

戸田恵梨香
Photo By スポニチ

 女優の戸田恵梨香(31)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土曜前8・00)の第20週の平均視聴率が19・5%(ビデオリサーチ調べのデータを基に算出、関東地区)だったことが25日、分かった。

 第1週の平均は19・8%で、1週目の平均としては「ひよっこ」(17年前期)以来、5作ぶりの大台割れでスタート。第2週は平均で20・2%、第3週は19・7%、第4週は18・9%、第5週は19・1%、第6週は20・2%、第7週は20・0%、第8週は19・4%、第9週は19・5%、第10週は18・7%、第11週は19・1%、第12週は19・8%、第13週は19・2%、第14週は18・2%、第15週は18・6%、第16週は19・3%、第17週は19・1%、第18週は19・8%、第19週は19・1%と推移していた。

 各日の番組平均は17日=19・9%、18日=19・3%、19日=19・5%、20日=19・4%、21日=19・6%、22日=19・8%だった。

 朝ドラ通算101作目。タイトルの「スカーレット」とは「緋色」のこと。フジテレビ「夏子の酒」「妹よ」「みにくいアヒルの子」、日本テレビ「ホタルノヒカリ」などで知られる脚本家の水橋文美江氏(55)が朝ドラに初挑戦するオリジナル作品。“焼き物の里”滋賀・信楽を舞台に、女性陶芸家の草分けとして歩み始める1937年(昭12)大阪生まれのヒロイン・川原喜美子(戸田)の波乱万丈の生涯を描く。3月28日まで全150回。

 第20週は「もういちど家族に」。喜美子(戸田恵梨香)はアンリ(烏丸せつこ)とワインを飲み明かし、酔った勢いで一緒に暮らすことに。喜美子は酔った自分が八郎(松下洸平)の名を呼びながら泣いていたと聞き驚く。照子(大島優子)がすき焼きをしようと肉を持ってやってくる。さらに誘われた信作(林遣都)が八郎を連れて現れる。喜美子と八郎の間には微妙な空気が漂うが、アンリのこれまでの人生の話に皆引き込まれていく。武志(伊藤健太郎)は両親が共に食事をしたと聞き大喜び。喜美子は武志の気持ちを察してやれなかったことを詫びる。再び川原家にやってきた八郎に武志は陶芸のこと、離婚のことを矢継ぎ早に質問する。そして喜美子は、武志や周りに気を遣わせないためにもわだかまりを捨て、新しい関係を築こうと八郎に提案する。後日、アンリに頼まれていた花瓶が完成。パリ行きを誘われていた喜美子は信楽に残り陶芸を続けることを選ぶ。アンリは「人を思うことで自分の人生も豊かになる」ということばを残し笑顔で去って行って…という展開だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月25日のニュース