“将棋ユーチューバー”折田翔吾アマがプロ入り!編入試験合格「信じられない」

[ 2020年2月25日 18:25 ]

棋士編入試験に合格した折田アマは笑みをみせる(撮影・我満 晴朗)
Photo By スポニチ

 将棋の折田(おりた)翔吾アマ(30)がプロ入りに挑戦する棋士編入試験5番勝負第4局は25日、東京都渋谷区の将棋会館で本田奎五段(22)相手に行われ、先手の折田が161手で勝ち、通算成績3勝1敗で合格を決めた。

 折田新四段は三段時代の2016年、年齢制限のため奨励会を退会。その後は将棋講師やYouTuberとして活動していたが、17年に全国アマ王将位大会準優勝、18年に朝日アマ名人戦準優勝などアマ棋戦で実績を残し、棋士編入試験受験資格「現在のプロ公式戦において、最も良いところから見て10勝以上、なおかつ6割5分以上の成績を収めたアマチュア・女流棋士の希望者、四段以上の正会員の推薦のある者」を満たして受験していた。

 ▼折田アマ 2、3年前の状況からすると信じられないという感じです。(今局は)寄せがひどく、なかなか勝ちきれない展開。途中も苦しくしたところがあった。こちらも寄せられても仕方ないなと思っていた。(編入試験については)重みを感じないように気をつけていた。できるだけ気楽に楽しんで臨めればと思っていたが、実際懸かっているものは大きいし、応援している人の期待に応えたいというものがあった。

 ▼日本将棋連盟会長・佐藤康光九段 この度の棋士編入試験の合格、誠におめでとうございます。4局とも見事な戦いぶりでした。ご自身の個性を生かされ、棋士として、将棋界の枠を超えた活躍を期待しております。

 ▼瀬川晶司六段 折田さんおめでとうございます。プロ編入の先輩としてとても嬉しいです。彼の素晴らしい戦いぶりに勇気づけられた方も多かったのではないでしょうか。私も励みになりました。プロ同士としての対戦を楽しみにしています。

 ▼今泉健司四段 折田君、おめでとう。自分の力を信じて戦い、勝った事、本当に素晴らしいです。そして、これからが本当の勝負。将棋で勝っていくことは当然だけど、それ以上にやるべき事は、ファンの皆様に愛される棋士になる事だと思います。棋士それぞれに課された役割があります。折田君でしかできない事をしっかりやっていって、将棋界にお互いしっかり尽くして行きましょう。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月25日のニュース