ドラマ「10の秘密」制作の関西テレビ謝罪、実在のマンションブランドと酷似

[ 2020年2月25日 21:07 ]

 フジテレビ系ドラマ「10の秘密」(火曜後9・00)を制作する関西テレビは25日、番組公式サイトで工事現場として使用されたマンションの名称が、実在するブランド名と酷似していたことで住民、関係者に迷惑をかけたとして謝罪した。

 同ドラマは向井理(38)主演のミステリー。この日は第7話が放送された。

 サイトに掲載された全文は以下の通り。

このドラマはフィクションであり、登場する企業、施設等は実在のものとは関係ありません。しかしながら、第2話、第3話において、工事現場として使用されたマンションの名称が、実在するマンションブランドの名称と酷似しておりました。こちらにお住まいの皆様、並びに関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

 同様の文面はフジテレビのサイトにある番組紹介でも「お知らせ」の欄と、番組終了時にも掲載された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月25日のニュース