渡辺王将、叡王戦挑戦者決定で豊島名人・竜王に敗退

[ 2020年2月25日 05:30 ]

渡辺明王将
Photo By スポニチ

 渡辺明王将(35)が24日、都内で豊島将之名人・竜王(29)との叡王戦挑戦者決定3番勝負第3局に臨み、123手で投了して1勝2敗で敗退した。

 棋王、棋聖との3冠でもある渡辺は、名人戦初挑戦も決めていることから叡王戦挑戦となると5連続タイトル戦出場だった。直近の5連続タイトル戦出場には2014年の羽生善治九段(49)がいた。進行中の第69期大阪王将杯王将戦7番勝負は広瀬章人八段(33)の挑戦を受け、現在2勝2敗。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月25日のニュース