元ギンナナ金成公信が千葉公平に改名、吉本新喜劇デビュー!「大阪で1年目として頑張る」

[ 2020年2月25日 17:40 ]

金成公信から改名し、京都・よしもと祇園花月で吉本新喜劇でのデビューを果たした千葉公平(左から2人目)と島田一の介(左)、川畑泰史(右から2人目)、島田珠代(右端)
Photo By スポニチ

 元お笑いコンビ「ギンナナ」の金成公信(44)が「千葉公平」に改名して吉本新喜劇に入団。25日、よしもと祇園花月(京都市東山区)で借金取り役として新喜劇座員デビューを果たした。

 改名した芸名「千葉公平」は、以前から可愛がってもらっていた間寛平が名付け親に。3つの候補を提示されて、「千葉出身なので千葉。本名の公信から公。寛平さんの平の1文字を頂いた」と明かした。

 千葉は1996年に「ハローバイバイ」を結成したが09年に解散。10年に「ギンナナ」を結成したが、昨年5月から相方の菊地健一(42)がハワイへ移住して活動休止。12月に解散を発表して「吉本新喜劇に所属させていただきます。大阪に住んで、揉まれます」と意気込みを語っていた。

 今回は東京から大阪へ移籍する珍しいパターン。大阪市内に引っ越し。舞台の最後に「千葉公平です。東京で23年間、芸人をやってきましたが、今年から大阪で1年目として頑張ります」と観客に向かって意欲を語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月25日のニュース