高橋克典 昨年末ダウンしたのは「大河撮り直しが原因じゃない。話無理に繋げると…」

[ 2020年1月8日 20:35 ]

俳優の高橋克典
Photo By スポニチ

 俳優の高橋克典(55)が8日、自身のブログを更新、昨年末に過労でダウンした原因は大河ドラマの撮り直しではないことを明かした。

 「おっとっと。大河の撮り直しが原因で寝込んだわけじゃないっす。」のタイトルで更新されたブログで高橋は「あれ?大河ドラマの撮り直しは、そりゃ毎回一生懸命撮影に臨みましたけど、撮り直しはワンシーンでしたしね。撮り直しが原因で寝込んだわけじゃないっすよ 割とこんな感じで出てるところが多いみたいですけど。。。あしからず 話無理に繋げるとこうなっちゃうのかな」と、撮り直しが原因でダウンしたわけではないと書き込んだ。

 ブログには、この日報じられたニュースのスマホ画面のスクリーンショットを添え「そんな風には言ってないはずなんですけど…彼女に当てつけがましく何か言う気持ちは微塵もありません」と、降板した沢尻エリカ被告に対する気遣いも見せた。

 高橋は今年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で織田信長の父・信秀役を演じる。ブログの最後にはこの日イベントに出演した外食チェーン店へのリンクを貼り、アクセスを呼び掛けていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月8日のニュース