大島由香里アナ、フジモン・ユッキーナ離婚後に出回る噂に「どうして勝手に書くのか」「夫婦のことは…」

[ 2020年1月8日 16:32 ]

大島由香里アナ
Photo By スポニチ

 フィギュアスケーターの小塚崇彦氏(30)と昨年12月に離婚した元フジテレビの大島由香里アナウンサー(35)が7日、TOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・00)に生出演。昨年大みそかに離婚したお笑いコンビ「FUJIWARA」のフジモンこと藤本敏史(49)とタレントのユッキーナこと木下優樹菜(32)について言及した。

 番組中にこの話題に触れると、タレントの内山信二(38)が「うーん…。今ネットにいろいろ書かれていて。夫婦にしか分からないことがあると思うけど、僕は今後の二人のためにも記者会見するべきだと思う。1回会見しないと落ち着かないと思う」とコメント。

 「噂が噂を呼んで、どんどん白熱しちゃう。そっとしていると、今後の2人のためにもならないんじゃないかなって。大変だと思いますが、別々でもいいから会見した方が落ち着くような気がする」と持論を述べた。

 藤本と木下の離婚報道について聞かれた大島アナは「このニュースは非常にビックリしました。離婚後のニュースをチラチラと見てしまうのですが、いろんな噂が出てしまっていて。どうしてこうやって勝手に書くのだろうと思った。夫婦のことは夫婦だけしか分からないのに。お二人にはお子さんが2人いらっしゃるので、とにかくお子さんのことを思っての決断だったんじゃないかなと、私は信じています」とコメントした。

 離婚したタイミングが偶然同じ時期だったことに「偶然一緒だったんです。私の方がちょっぴり早かったんですが、すぐに追い抜かれた感じです」と大島アナ。内山が「2020年に持ち込みたくないですからね」と反応すると、大島アナは「そうです。全部去年のことです」と笑顔で語った。

 藤本と木下は2010年に結婚、2人の娘がいる“おしどり夫婦”として知られたが、昨年12月31日に双方の所属事務所を通じて離婚を発表した。親権は木下が持つ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月8日のニュース