サブちゃん骨折「もう大丈夫!」 紅白には「ちょっと忙しすぎたかな」

[ 2020年1月8日 04:00 ]

音楽事務所の仕事始めでスポニチ本紙記者らに元気をアピールする北島三郎
Photo By スポニチ

 北島三郎(83)を筆頭に人気演歌歌手が在籍する「北島音楽事務所」が7日、仕事始めを迎えた。昨年11月に両足指の骨計7本を折り全治2カ月のケガを負っていたが「もう大丈夫って書いといて」と元気をアピールした。

 第2部の視聴率が37・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とワーストを記録した昨年のNHK紅白歌合戦については「演出の努力は買ってやらないとかわいそうだと思うが、ちょっと(作りが)忙しすぎたかなと思う」と感想。個人視聴率40%を超えた氷川きよし(42)には「最後に乗ってた龍は(18年紅白で)俺が乗ってたやつか?と一瞬思った」と冗談めかしつつ「カッコ良かったと思う」と褒めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月8日のニュース