はんにゃ・金田、酒乱キャラが招いた悲劇?年明け早々、番組Dとガチケンカに…

[ 2020年1月9日 00:27 ]

お笑いコンビ「はんにゃ」の金田哲
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「はんにゃ」金田哲(33)が7日、MBSラジオ「アッパレやってまーす!」(火曜後10・00)にゲスト出演。年越しラジオで、番組ディレクターとガチンコのケンカをしてしまったことを告白した。

 「アッパレ…」レギュラーの筧美和子(25)から「お正月はどう過ごされたんですか?」と尋ねられた金田。すると「去年、ちょっといろいろお酒のトラブルというか、そういうネットニュースもありましたので…」と、のっけからただならぬ雰囲気を醸し出していた。そして話題に上がったのは、大晦日から生放送されたニッポン放送「三四郎のオールナイトニッポン年越し初笑いスペシャル」での出来事。金田は街に繰り出し、2019年にあったことで“謝りたい人”をインタビューする企画に参加していた。

 2019年、金田はラジオやテレビの収録で泥酔騒動を起こしており、そのたびにネットニュースに取り上げられ炎上していた。金田自身も謝罪する身とあって、大晦日は気を引き締めて仕事に臨んでいたという。ところが、帯同する番組ディレクターから「(お酒)飲んでください」との“悪魔の誘い”が。「今回飲んだらヤバいから」と断るも「いや、僕(他の人に)言わないんで」と言われ、「じゃあ、ちょっとだけ」と薄めのウーロンハイを飲んだそう。すると番組ディレクターから「飲みましたね!」と言われ、思わずキレてしまったという。

 番組にハメられた形となった金田は、終始“怒りモード”に。中継がつながるたびにローテンションで、パーソナリティーを務める「三四郎」の2人との会話は一向に盛り上がらず。金田登場時はなんとも言えない空気が漂った。

 スタジオに戻った金田とディレクターは完全にケンカ状態。ディレクター側に元々の原因があったことは確かだったが、金田が自身を擁護するようなコメントを繰り返すため、ディレクターもブチ切れる始末。ディレクターは「(金田)カッコつけんな!」の捨てセリフを吐くと、CM明けにはスタジオから姿を消していたという。

 金田は「最終的にガチケンカで終わると…。そんな年明けでした」と、最悪の年越しであったことを吐露していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月8日のニュース