川崎希 家庭では「私が最終決定」 アレクはイベントに愛息と付き添う

[ 2020年1月8日 13:32 ]

ジェームス・スキナー著「史上最強のCEO」初版100万部記念特別セミナーに登壇した川崎希
Photo By スポニチ

 元AKB48で実業家の川崎希(32)が8日、都内の書店で行われたジェームス・スキナー著「史上最強のCEO」初版100万部記念特別セミナーにゲストとして出席。夫・アレクサンダー(37)との関係や、17年8月29日に誕生した長男について語る場面があった。

 タレントとして活躍する傍ら、株式会社アンティミンスの代表取締役として経営者の顔も持つ川崎。この日は、経営者の一人として、特別受講生としてジェームス氏のセミナーを受講した。

 家庭でのリーダーシップ、意思決定について話が及ぶと、「家庭での意思決定は私がほとんどすべて最終決定している」とキッパリ。「彼がいろいろとアイデアを出してくるんですけど、そのアイデアの中から私がOKを出すか、出さないかを(彼が)プレゼンしてきた。その熱意とかに負けて、OKするかしないかにしていて、その関係がうまくいっているのかなと思っています」と分析した。

 子供との関係については「子どもがかわいすぎて結構甘やかしすぎちゃうところがある」と悩みを吐露。「最近、それを改善しなきゃなというのがあって、今まで子供がほしいというものをすぐ買い与えてしまう感じだったんですけど、それはよくないと思って、今、我慢を覚えてさせている最中。私も親としてちょっと頑張り中なところです」と苦笑した。

 家庭で怒ったりするのか?という問いには「子供に対しては怒れない自分がいて、彼に対しては凄く怒れる。彼に対してだけはなぜかすごく怒りの感情が湧くことがあります」と明かし、笑わせた。

 おしどり夫婦として知られる川崎とアレク。この日はアレクも登壇予定はなかったものの、愛息とともにしっかりと付き添う姿も見られた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月8日のニュース