デーブ氏 ゴーン被告会見で日本記者“出禁”に異論「一切入れないのは…」

[ 2020年1月8日 13:36 ]

デーブ・スペクター氏
Photo By スポニチ

 放送プロデューサーでタレントのデーブ・スペクター氏が8日、フジテレビ「とくダネ!」(月~金曜前8・00)に出演。金融商品取引法違反罪などで起訴され保釈中の日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(65)が海外逃亡したことについて言及した。

 ゴーン被告は日本時間の8日午後10時からレバノンの首都ベイルートで記者会見を行う予定。米メディアによると、ゴーン被告は「私を(日産から)追放しようとするクーデターがあったことを証明する資料がある」と語っており、会見では関与した人物の実名を公表する計画で、その中には日本政府関係者も含まれるという。

 会見場に日本のメディアの記者は入れないとされていることに、デーブ氏は「日本の代表の記者入れた方がいいですよ、1人でも。共同通信でもNHKでも何でもいいですけど。一切入れないっていうのは良くないと思います」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月8日のニュース