22年大河「鎌倉殿の13人」脚本・三谷幸喜氏 最低視聴率&不祥事に言及「スネに傷のある人は断って」

[ 2020年1月8日 16:40 ]

2022年大河ドラマ 制作・主演発表会見に登壇した脚本の三谷幸喜氏
Photo By スポニチ

 NHKは8日、東京・渋谷の同局で会見を行い、2022年に放送される大河ドラマ第61作は、鎌倉幕府の第2代執権・北条義時を主人公とした「鎌倉殿の13人」、主演は俳優の小栗旬(37)、脚本はヒットメーカーの三谷幸喜氏(58)に決まったと発表した。小栗は大河初主演。三谷氏は04年「新選組!」、16年「真田丸」に続く6年ぶり3回目の大河脚本に挑む。

 昨年の「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」が期間平均(全47話)8・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と大河史上初の1桁、「平清盛」(12年)と「花燃ゆ」(15年)の12・0%を下回る歴代ワースト。登壇した三谷氏は「最低視聴率は更新しないというのが目標。正直なところを言うと、数字にはこだわっていないです。面白いものを作ることが僕らの使命。それがどのくらいの人が見てくれるかは二の次。でも、大勢の人に見てもらいたい。誰も見なかったら、存在しないのと同じ。少しでも多くの人に見てもらいたい。気持ちとしては最高視聴率を更新したいです」と言及した。

 今後のキャストについては「大好きな人たちを一番いい形で描きたい。これ以上ないというキャストで発表していけるといいなと思います」とした上で、「いだてん」のピエール瀧(52)た「麒麟がくる」の沢尻エリカ(33)が逮捕されたことに触れ「俳優の方々に言いたい。『オレ、スネに傷がある』という人がいたら、是非断ってください。なんで受けるんだ!と。切にお願いしたい」と笑いを誘った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月8日のニュース