立川志らく ゴーン被告弁護団の日産内部調査批判に「だからと言って逃げていいって話じゃない」

[ 2020年1月8日 12:03 ]

落語家の立川志らく
Photo By スポニチ

 落語家の立川志らく(56)が8日、MCを務めるTBSの情報番組「グッとラック!」(月~金前8・00)に出演。金融商品取引法違反罪などで起訴され保釈中の日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(65)が海外逃亡したことについて言及した。

 ゴーン被告は日本時間の8日午後10時からレバノンの首都ベイルートで記者会見を行う予定。米メディアによると、ゴーン被告は「私を(日産から)追放しようとするクーデターがあったことを証明する資料がある」と語っており、会見では関与した人物の実名を公表する計画で、その中には日本政府関係者も含まれるという。

 ゴーン被告の弁護団が、被告を巡る日産の内部調査について「根本的に欠陥があり、偏って独立性に欠けたものだ」と批判する声明を発表したことに、志らくは「だからと言って逃げていいって話じゃない」と指摘した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月8日のニュース