22年大河は小栗旬が初主演 40歳の節目に「幸運と興奮」「生涯一度は」「恐れさえ覚える覚悟が要る」

[ 2020年1月8日 16:30 ]

2022年に放送される大河ドラマ第61作「鎌倉殿の13人」の主演を務める小栗旬(左)と脚本を務める三谷幸喜氏
Photo By 提供写真

 NHKは8日、東京・渋谷の同局で会見を行い、2022年に放送される大河ドラマ第61作は、鎌倉幕府の第2代執権・北条義時を主人公とした「鎌倉殿の13人」、主演は俳優の小栗旬(37)、脚本はヒットメーカーの三谷幸喜氏(58)に決まったと発表した。小栗は大河初主演。三谷氏は04年「新選組!」、16年「真田丸」に続く6年ぶり3回目の大河脚本に挑む。

 小栗は大河には1995年「八代将軍吉宗」、96年「秀吉」、00年「葵 徳川三代」、05年「義経」、09年「天地人」、13年「八重の桜」、18年「西郷どん」に出演している。

 小栗は同局を通じて「1年半にもわたり、ひとつのテーマ、1本のドラマに出演するという大河ドラマの経験は、生涯一度は体験したい……体験しなければならない……僕にとって俳優としての大きな関門であり、夢であり、挑戦であり、恐れさえ覚える覚悟の要る仕事です。しかし2年後、40歳という節目の年に放送される大河ドラマを演(や)れることに幸運と興奮と、大きな喜びを感じています。ましてや3度目の大河脚本となる三谷幸喜さんの練熟した筆先が、どんな義時像を描き出すのか……また僕自身、どうすれば皆さんの期待を裏切らない義時を演ずることができるのか……など、今から想像するだけでワクワク胸躍る思いです」とコメントした。

 三谷氏は「小栗さん主演の大河は、大河ファンの僕が見たかった。役をつかむのが上手な方。芝居が上手な方。義時はただただ強い、カッコいいヒーローではなく、人間的な、酸いも甘いもかみしめた役なので、楽しみです」と期待した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月8日のニュース